子犬がご飯を食べない時の対処方法は?

子犬がご飯と食べない時は、どうすれば良い?

子犬が家にやってくると、家の中も明るくなりますよね♪
しかし、その反面子犬には心配が付き物…
子犬の中には、ご飯を食べない子や、ご飯に集中できずに遊び始める子もいます。
そこで、子犬がご飯を食べない際の対処方法を紹介します。

まず子犬がご飯を食べない際は、どう対処をすれば改善するのでしょうか?
子犬の時期はしっかりとご飯を食べて栄養が摂ることが大切です。
しかし、ご飯を1日でも食べないと、飼い主は心配でたまらなくなりますよね。

ご飯を食べなくなった際に意識をして見て欲しいのが健康状態です。
健康状態が良くご飯を食べない際は、
それほど心配する必要はありませんが
健康状態が悪い際はすぐにでも獣医に連れていく必要があります。

健康状態が悪いとご飯を食べないのも当然。
病気が見つかった際は、しっかりと治してあげましょう。
そして、健康状態も良くご飯を食べない際はどうすれば良いのか焦りますよね。

まず必要なことは原因を探すこと!
いま食べているご飯はどんなご飯ですか?
ドライフードをふやかしていますか?

ペットショップから子犬を引き取る際に
ご飯についても説明されるかと思います。
ドライフードをふやかして食べさせてと言われることが多いんですが
生後50日以上が経過しているなら
ふやかさずに食べさせても大丈夫です!

ふやかさずに普通のドライフードを出すと
凄い勢いで食べ始める子もいるので試してみてください!
また、ふやかすのを辞めても、ご飯を食べない子犬もいます。

子犬によっても性格が違います。
気分でご飯を食べない子もいますし、構って欲しくてご飯を食べない子もいます。
ご飯を食べないからといって、
ご飯の種類をコロコロと変えるのは良くありません…

ご飯を食べなければ、違うものが出てくるということを覚えてしまいます。
1度覚えてしまうと、何度も何度も同じことを繰り返すことになってしまいます。
健康状態も良い場合は
体重を定期的に計り、健康状態を良く見ながら食べるまで待ってみてください。
お腹が減ると、諦めてご飯を食べ始める子が多いですよ!

また、子犬は好奇心旺盛です。
ご飯を食べる時間になっても、他に気になるものがあると
ご飯を食べることを辞めて、それに釘づけになってしまいます。
子犬の時期はたくさん遊んで、たくさん食べることが1番良いんですが
子犬は疲れすぎてしまうと逆にご飯を食べなくなることもあります。

そういった場合は、しっかりとご飯を食べてからなら遊べるということを
覚えさせることも大切だと思います。
ご飯の時間はゲージにご飯と一緒に入れて
ご飯を食べたらすぐに出してあげてください。

これを続けていると
ご飯が出されたら、すぐにご飯を食べてくれるようになるはずです!
まだ子犬の時期は心配がたくさんあって大変だと思いますが
しっかりとご飯に対する躾も行って
元気で健康な子に育ててあげてくださいね。
子犬の時期にしっかりと栄養を摂らせてあげれば
成犬になってからもしっかりとした体格になりますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ