愛犬のアレルギー…アレルギー対応のドックフード選びについて

愛犬に食べさせるアレルギー対応ドックフードとは

愛犬にアレルギーがある方は、大変な思いをしているかと思います。
いままで問題なく一緒に過ごしてきたのに
急にアレルギー症状が出てしまったらびっくりしますよね。
一般的に子犬の時期からアレルギーを持っている子は
販売の時点でアレルギー持ちということが伝えられますが
何も問題なく家族に向かい入れた子に、アレルギーがあるだなんて思いもしません…

アレルギー症状で良くあるのが
毛が抜けたり、痒がったりすることなんです。
少しでもアレルギー症状が見受けられた際は、できるだけ早く獣医に行って
アレルギー検査をしてもらいましょう。
もしもアレルギーじゃなった場合は、他の原因がある為
違う検査も色々と行うのですが
アレルギー検査でアレルギーが分かった際は、まずは薬が処方されることが多いでしょう。

薬でいまの症状を緩和しながら
アレルギー反応が出るものが含まれていないドックフードを食べさせるですが
このドックフード選びが大変ですよね。

例えば、とうもろこしにアレルギー反応が出るとします。
要はとうもろこしが含まれていないドックフードを選べば良い話しなんですが
ドックフードって以外と
同じラインで作られていることが多いので
「良さそう!」と思っても、原材料を見るととうもろこしが
含まれているといったことも多いんです…

アレルギー反応が出るのがとうもろこしだけならまだしも
たくさんのものにアレルギー反応が出る子の場合は
もうどうしたら良いのか全く分からなくなってしまいますよね。

獣医さんに聞くことがベストですが
ドックフードに詳しい獣医さんなら尚良いと思います。
獣医さんは動物を見るプロですが、ドックフードにはあまり詳しくない場合があります。
1つだけの獣医にしぼるのではなく
違う獣医にかかってみるのも良いと思います!

またアレルギーは1歳頃になると発症することが多いそうです。
獣医によっては血液検査に信用性がないといって、血液検査をしない場合もあるそうです。
そんな時はアルゲンフリーのドックフードに
いままで食べていたドックフードに入っていた食材を足して
状態を見る方法もあるようです。

  1. 1週間目はアルゲンフリーのドックフードに牛肉を足して食べさせてから
  2. 2週間目は普通のドックフード、
  3. 3週間目はアルゲンフリーのドックフードに鶏肉を足して食べさせて
  4. 4週間目は普通のドックフード、
  5. 5週間目はアルゲンフリーのドックフードに鹿肉を足して食べさせる

といったことを繰り返す方法です。

この方法を行っている間は可哀想な気がしてしまいますが
血液検査をしない場合は、この方法が有効だと思います。
あまり信頼性のないと言われている血液検査よりも
手間と時間がかかってしまいますが、何の食材にアレルギー反応が出るのか
しっかりと分かります!

アレルギーを持つ愛犬のドックフード選びは大変ですが
必ず愛犬に合うドックフードが見つかるはずです!
見つかるまでは大変ですが、愛犬の為にも頑張りましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ