ペットフードに添加物は必要?

ペットフードに添加物はいる?いらない?

人間が食べる練り物って、添加物が沢山含まれているんですね
例えば「かまぼこ」知ってました?

 

よくかまぼこを切った後に残った板を猫ちゃんの遊び道具として
あげてましたけど、かなり添加物が入っているようなので
これはもうあげることはできませんね。

 

添加物って、人間の食生活に欠かせないものとなりました。
なぜか?保存がきかないとやってられないからですよ。

 

お店とかファーストフード店もそう。
新鮮な食材を毎日仕入れているお店もあるでしょうけど
1週間に2回しか搬入のないコンビニエンスストアなんて
添加物だらけの食品ばかり置いてあります。

 

この添加物、人間には害のあるものだけど必要なもの
じゃあ犬にとっては必要なのでしょうか?

 

犬に毎日新鮮な食材を与えてあげる為には、
手作りでご飯を作るしかありません。

 

農薬を使っていない野菜やお米、お肉を使って
毎日毎日ペットフードを作ることはできますでしょうか。
時間があれば私もやってますけど、むりだからこそ

 

ドッグフードに頼ってしまう。仕方がないことだともいますが
ドッグフードって人間の食品の何倍以上も添加物を使っているんです。
この添加物、必要だともいますか?

無添加が、一番イイ!

なんでもかんでも「無添加商品」が出るようになりましたけど
私が無添加を意識するようになったのは美容への意識が変わった時

 

肌が敏感肌になったことから、添加物への嫌念を抱くようになりました。

 

添加物って人にとっても犬にとっても不必要なものです。
だからこそ、「無添加」とつくものはなんでも売れる時代になっているのですよ。

 

「無添加商品作れば大金持ちになれるじゃん」と思いますよね。
でも無添加商品ってかなり作るの難しいんです。

 

だって、添加物という存在は、「保存期間を長くするため」だとか
「着色や香りをつけるため」だとか目的を持って存在しているのですから。

 

この、色や風味は犬には必要のないものだとして、
保存期間を長くするためには添加物は必要ですよね。たとえドッグフードでも
ドッグフードが1週間も持たず腐敗してしまうなんて
コストパフォーマンスが低くてやってられません。

 

でも、無添加ドッグフードというのはなにかしら添加物の代わりとして
様々な成分を配合し、1か月や2か月保存ができるように製造されています。
ビタミンCやビタミンEなどの天然の成分である程度は
保存がきくようにできるんですよ!

 

そういった添加物の代わりとなる成分が入ったペットフードが
私は一番おすすめしたいと思っています!

 


【無添加ドッグフード】おすすめガイド|TOPへ戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ